ブランディングについて

マーケティングと言えば、「ブランディング」と言われるぐらいに
ブランディングというのはとても大切なものです。

ただ、ブランディングと一言で言っても、その説明をできる人はなかなか少ないのではないでしょうか?

ブランディングの重要性やメリットなどについてお話します。

ブランディングとは…?

ブランディングとは、そのままの通りで「ブランド」を形作るための様々な活動を指して使われる言葉です。

「ブランド」というのは、類似した商品Aと商品Bでの区別するための一連の要素です。

簡単に言うとそういうことです。

そこで、細かく商品の特性、特色を出すために、デザインやロゴ、商標、名称、キャッチフレーズなど、様々な要素が組み合わさってブランドを形作ります。

そして、そのような「ブランド」を消費者にいかに認知させ、市場における自社(商品)のポジションを明確化するのかが「ブランディング」という活動です。

なので、分かりやすく言うと、「〇〇といえばあの商品」「あの◯◯は大人っぽいよね?」「この雰囲気〇〇に似てない?」など、ターゲット市場に浸透させるのがブランディングという活動の目的です。

高級品だけが、ブランドではありません。

「ブランド」という言葉からつい高級品を連想してしまう人もあるかと思いますが、ブランドは何も高級品のためだけの概念ではありません。

たとえば、どこのコンビニでも目にするチロルチョコは、かつて1個10円という分かりやすく買いやすい価格で市場に広く認知されていました。

昭和生まれの方なら、「チロルは10円」を連呼するCMを覚えていらっしゃるかもしれませんが、あの戦略により「10円で買えるお菓子といえばチロルチョコ」という意識が市場に広く浸透したのです。

これも立派なブランディングの一例です。また、「ちょっとおしゃれな雰囲気の中でゆったりコーヒーを飲みたい」という時、真っ先にスターバックスが頭に浮かぶという方は少なくないのではないかと思いますが、これもブランディングの成功事例の一つです。

もちろん、チョコレートやコーヒーのようなBtoC商材に限らず、BtoB企業でもブランディングは行われています。

なぜブランディングが必要なのか

結論から言うと、特定のイメージを育てることで、中長期的なマーケティングに効果的なんです。

消費者がある特定のカテゴリで商品を探すうえでも大きな効果を発揮します。

例えば、車と言えば・・・ビールと言えば・・・コーヒーと言えば・・・などなど

消費者が、商品選択をする上で、購買の選択肢にあげてもらえる可能性を高めるという役目もあります。

ブランディングで意識すべきポイント

「誰に何を伝えるのか」
これが非常に大事なポイントです。きちんとした「ペルソナ」をもちいて、そのペルソナに向けて、ブランディングするということです。

ブランディングとはターゲットに対して自社の商品の価値を分かりやすく伝えていくという活動です。

ネットビジネスでよく使われるブランディング

ネットビジネスだと、自分自身のブランディングというのが非常に大切になってきます。
というのも、ネットビジネスは顧客との信頼を作って、モノ(情報)を販売することが多いからです。

なので、ここで特典として用意したものがあります。

それは【あなたの強みを最大限に出すブランディングシート】です。
あなたの考える自分の性格を自己分析して、あなた自身のブランディングに役立てみてください。

ダウンロードはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です